気仙沼シャークミュージアム

日本で唯一の鮫の博物館は観光物産センター「海の市」の2階にあります。
館内は鮫に関する展示だけではなく、東日本大震災の記憶や復興へ向けた気仙沼の姿など気仙沼の人々が育んできた海との絆を学ぶことができます。

展示エリアへ

こちらが入口になります

 

 

 

館内は4つのゾーンから構成されています。館内は段差はなく、車イスですべての展示を見ることができます。

 

「絆」ゾーン
東日本大震災で結ばれたみなさんとの絆をテーマに,みなさんからのメッセージを中心に展示されています。

 

 

「震災の記憶」ゾーン
震災被害の状況や気仙沼の今,そして「未来に向けての想い」を映像で紹介しています。

 

「海と生きる」ゾーン
甚大な被害から復活し,再び活気を取り戻した気仙沼の海と,港の今をお伝えします。

 

「シャーク」ゾーン
サメ研究の世界的権威,北海道大学の中谷一宏名誉教授の監修のもと“サメの不思議”について展示されています。

 

 

 

 

海の市の多目的トイレ・エレベーター等の情報は下の画像をクリックしてください

地図