旅館 海光館

 


旅館 海光館は気仙沼市尾崎地区で大正3年から創業されていた歴史ある旅館でしたが、東日本大震災により、全壊となってしまいました。すべてを失い、旅館の再開も当初は諦められていたこともあったそうですが、現在の高台に場所を移し、平成27年9月に再開されました。
再開にあたっては多目的トイレを設置するなど、すべての人に優しい旅館になるべく努力をされています。完全なバリアフリーというのは大変難しいのですが、大きな企業の資本があるわけでもなく、ご家族で経営されている旅館が、バリアフリー対応に前向きに取り組まれていることはとても嬉しいことです。

 

駐車場から室内へ

車いす優先の駐車場はありませんが、車は入口近くに止めることができました。

 

玄関へはスロープで上がっていきます

 

旅館の入り口は二重の自動ドアになっています。

 

スロープを上ってひとつ目の自動ドアです。
DSC061942.JPG

 

一つ目のドアを通ってすぐに二つ目の自動ドアがあります。

 

室内へは2段の段差があります。1段め幅が85cmありましたので今回はキャスターを上げて一段づつ上がりました。

 

※玄関についてはスロープを付けたかったそうですが、玄関の広さの問題等があり、設置できなかったそうです。今回、私たちからは「常設が設備的に難しい場合であれば、取り外しができるスロープがあれば、今のままで工事の必要もなく、必要な時だけスロープにすることができます。そういった対処方法もあります。」と提案させていただきました。

1階設備

海光館は2階建てですがエレベーターはありません。
1階にある1部屋が車イス対応のお部屋となります。ひろびろトイレ、食事会場、お風呂はすべて1階にあります。

 

ロビー
旅館 海光館

 

廊下の最小幅は85pでした

 

食事会場
食事会場は1階にあり全てテーブル席で椅子も自由に配置できます。

 

 


気仙沼の新鮮な海の幸がテーブルに並び、ゆったりと食事がいただけます。

 


朝食はこちらでした。たくさんの品数が並び美味しくいただきました

お部屋

1階の奥に車いす対応のお部屋があります。
和室にマットを2重に敷いての利用となります。

 

旅館 海光館

 

旅館 海光館

 

お部屋が畳だったので、こちらから提案させていただいて畳に傷が付かないように段ボールを敷いていただきました。
旅館 海光館

 

マットを2枚重ねた高さは 約40cmでした
旅館 海光館

 

居室内トイレ・お風呂
1階には大浴場・広いスペースのトイレもあるのですがこちらのお部屋には室内にトイレ、お風呂もついています。

入口には段差はなく、壁側には手すりもついています。

 


お風呂場の入り口も段差はありません。

 

大浴場

大浴場は男女で同じ作りになっています。

 

旅館 海光館
脱衣所への入口幅は90cmです。

 

旅館 海光館
脱衣所へは6cmの段差があります。

 

脱衣所

 

旅館 海光館

 

旅館 海光館

 

浴室

 


浴室へは9.5pの段差があり、浴槽の縁の高さは20pです
浴槽の深さは40cmで手すりもついています

 


シャワーチェアが常備されています

 

多目的トイレ

部屋にもトイレはありますが、スペースの広い多目的トイレもあります。

 

 

 

 

宿泊して感じたこと

まだまだバリアフリーに関しては完全ではない部分もありますが「宿泊する私たちがくつろげるように」と様々なことに快く対応していただき、楽しい時間を過ごすことができました。
障害がある車いすユーザーの宿泊は初めてだったようですが、おもてなしの気持ちが十分に伝わってきました。

 


ありがとうございました。

 

地図